HOME > セカンドライフリフォーム




世代で戸建てやマンションをリフォームをするときは、今後快適に
過ごせる環境づくりを意識しなければなりません。
現在は体調も良く体の不自由が感じられなくても、
この先も現在のままの体調とは限りません。
先のことを考慮したリフォームプランを立てる必要があります。

戸建ての場合、2階が寝室で水回りやリビングなどが1階にあるなど、
別の階に分けて居住スペースがあることが多いため、足腰が
弱くなった時に階段が生活の障害になる可能性があります。

今後を見据えたリフォームをするときはマンションのように
居住スペースを集約し、同じ階で生活が完結できるようにすると、
階段の上り下りを気にすることなく快適に生活できるようになります。
家事をする際のパターンや行動を考慮した上で間取りの計画を。

シニア世代になり、病気やけがで車椅子の生活になっても不自由なく
過ごせるように、水回りのスペースは広めに。
トイレや脱衣所などの水回りのスペースを広くすることで、車椅子の
ままでも出入りできるようになり、介護する人もお世話しやすくなります。
手すりを付けたり、付けられるように下地を準備しておいたり、通路の幅、
特にドアなど開口部の幅を広くしたり引き戸に変えておくとよいでしょう。







店頭ではシニア世代が使いやすいよう工夫された
トイレ展示ブースを新たに設置いたしました。
カウンター・紙巻器の棚は手をついて立ち座りができ、
収納も兼ね備えたシックなトイレ空間です。
ぜひ、お気軽にお越しください。